男性スタッフ

危険な鳩よけ設置作業は業者にお任せ|さまざまな鳩対策

早めの対処を

カウンセリング

ハチの習性を知る

毎年、秋になるとあちこちでハチの被害が聞かれるようになります。多くはスズメバチによる被害で、巣に近づきた敵を追い払おうとするハチの本能により、攻撃を受けて発生するものです。ハチの巣があることを認識している場合には、近づかないようにすることができますが、知らない場合、不用意に近づいてしまい、事故に発展してしまうのです。ですから、この時期には家の近くにハチの姿を見かけた時点で、もしかすると、家にハチが巣を作っているかもしれない、という思いを持っておくことが重要です。雨の当たらない軒下などで比較的風通しの良い場所などで発見されることが多いため、念のため、点検してみることで、未然に被害を防ぐことができます。

危険な時は専門業者

こういったハチの存在を見つけた場合には、ハチ駆除を考えたほうが得策です。というのも、ハチの巣は秋が深まるにつれて、どんどん巨大化し、巣のハチの数も爆発的に増えていくためです。ハチ駆除を行うためには、ハチの数の少ない、早めの時期のほうが危険度が低く、攻撃性も低いことからやりやすいのです。夏ごろであれば、ちょっとした防護服を着用して、暗くなってからハチ駆除を行えば、素人でも可能です。しかし、バスケットボールほどに大きくなったハチの巣を駆除する場合には、なかなかそうもいきません。攻撃してくるハチの数も多くなり、危険が増してくるのです。そういった時には、ハチ駆除専門業者に依頼するほうが無難といえます。ネット上で最寄りの業者をさがすことが可能なので、相談してみることです。